よくある質問と回答


法人会ってなんですか?

「良き経営者をめざすものの団体」です。
正しい税知識を身につけたい、社会の役に立ちたい、そんな経営者の会です。
現在、全国に85万社の会員企業を擁し、会員を支援する各種の研修会、国に対する税制改正要望、地域振興やボランティアなど地域社会に密着した活動を行っています。


公益社団法人 桐生法人会は、どんな組織ですか?

桐生地域の企業経営者有志によって、昭和38年8月に創立された納税協力団体です。
昭和59年10月には国税当局を主務官庁として、公益法人「公益社団法人桐生法人会」を設立。
平成18年7月1日 旧桐生市、旧大間々町、旧笠懸町、旧新里町、旧黒保根村、旧東村の各地区法人会が合併いたしました。

さらに、「新公益法人制度」の施行にともない、群馬県公益認定等委員会より公益社団法人への移行認定が答申され、平成25年4月1日 「公益社団法人桐生法人会」として発展的な組織に衣替えし、これからの歴史の歩みを刻んでいくことになりました。

【所在地】
桐生市織姫町2-5 桐生地域地場産業振興センター3F

【組 織】
桐生税務署管内の2市(桐生市、みどり市)地域で組織されています。

【会員数】
1,325企業(平成30年12月現在)


入会を勧める狙いと、その対象は?

【対象】
桐生税務署の管内区域内に所在する法人、又は法人の事業所で、本会の目的及び事業に賛同する者。

【狙い】
法人会は各企業の発展、社会への貢献を目的に活動を行っています。各種の活動を充実したものにするため、一社でも多くの企業に会員になっていただかなければなりません。
例えば、公平で健全な税制の実現のため、企業の税制についての声を、国に対し提言し続けて50年以上になります。その間、たくさんの要望・提言が税制に実現されてきました。これは法人会の提言の内容も大事ですが、法人会の大きな組織力によって、要望が聞き入れられています。
民間の意見が国の税制を変える、税制を作る。よりよい社会のために、一社でも多くの方々に法人会にご入会いただきたいのです。


会費はいくらですか?

資本金別に当会の年会費はこちら


法人会に入会してのメリットは?

公平で健全な税制の実現のため、税制に関する中小企業の声を国に届ける、法人会の「税制改正に関する提言」は毎年提言を続けてもう50年以上の歴史になります。そして、数多くの企業の声が国税に反映されてきました。企業の声を国に届けるためには、組織力というものが、大きな物差しになりますので、ご入会いただくことが間接的ではありますが、会社にとって大きなメリットになります。


法人会って何をしているの?

無料で税や経営等の研修会を開催しています。例えば、「決算税務説明会」や、毎年変わる税制を各企業にお伝えするために「改正税法普及説明会」など、たくさんの研修会・勉強会を開催しています。
無料で会報「法人ニュース」(年3回発行)を全会員に郵送し、税務・経営の情報をお届けしています。
「研修会出席証」「決算説明会出席証」のシールを法人税確定申告書に貼付していただくことで、税務署に対して法人会会員としての証、税の研修会を受けていることをアピールできます。
また、法人会独自の充実した福利厚生制度(保険等)をご利用いただけます。 


税務署は法人会のことをどのように見ていますか?

税務署は、法人会を健全な税務協力団体として、これまでの活動を高く評価し、法人会会員に対し敬意を払っています。また、法人会の各種事業は、税務署の協力を得て、講師の派遣など密接な協力をいただいています。 


入会すると、税務調査等で恩恵・恩典がありますか?

納税は「国民の義務」ですから、法人会に入会したからといって、税金が安くなるとか、税務調査がなくなるといったことはありません。
むしろ、自ら努力し、適正な納税申告をしている会員としては、いつ調査にこられても大丈夫と言えるよう、会員相互に研さんしている訳です。
また、税務署に対し、正しい納税者の団体である法人会会員の証として、申告書等に貼付していただく会員証シールや研修会・説明会参加証シールを用意しています。


税理士さんは、法人会をどのように見ていますか?

税理士会と法人会は同じ税務協力団体として協調を重視しております。
また、法人会の役員や相談役として法人会の活動にご協力いただいております。


税理士・会計士さんに任せているので、法人会に入会する必要はないと思うが?

法人会の会員企業のほとんどは顧問税理士さんに何らかの形で経理を見てもらっていると思います。税理士さんに任せているから法人会に入る必要が無いということではなく、全く別のものですので、税理士さんと法人会を両方ご活用いただきたいと思います。
また、税金のことだけであれば別ですが、ご自身の会社の経営方針を決めるのは経営者ご自身ですので、自ら税務のことを学ぶことで、正しく納税(=節税)でき、余分な税金を納めなくて済むようになると思います。
法人会は税理士会と連携をとり、研修会やその他の活動にご協力を頂いております。
法人会と税理士会は相反する立場ではなく、お互い協力しながら、正しい税制・税務の普及を目指し活動しております。


忙しくて事業に参加できないので、入会しても無駄になるのではないか?

忙しい皆さんが多い事から、法人会が設立されたとも言えます。
時間があれば、ご自身で必要な税務の情報収集や社会貢献を行なうこともできますが、仕事が忙しいとなかなか困難です。
毎年の税制改正に関するテキストをはじめとする各種のテキストを無料で配布するなど、お忙しい皆様の為に、税務・経営の情報をお届けし、研修会等を開催しています。
また、法人会は、地域社会に貢献しています。
法人会が行なう社会貢献をはじめとする各種事業は、会員企業の皆さんが社会貢献等を行っている事になります。


桐生法人会は国から補助金等の交付を受けていますか?

いいえ、公益社団法人桐生法人会は群馬県認可の公益法人ですが、国・県・市町村から補助金等の交付は受けていません。会員の皆様からお預かりした会費と保険の手数料収入等で運営しています。


青年部会のことを教えてください。

法人会として会活動の基幹リーダーの育成や若手経営者の皆さんへの法人会活動参画が強く求められており全国的に青年部会が組織されています。
桐生法人会でも、青年の持つ企画力・行動力が法人会を活性化しています。
青年部会では、若手経営者が将来に向けて飛躍するため経営・税務等の研修会を始め、親睦行事などを開催しています。
また、租税教育活動においては、その企画力や行動力が大きな役割を果たしております。
あわせてご入会いただければと思います。
くわしくはこちらをご覧ください。


女性部会のことを教えてください。

社会や企業における女性の役割はますます大きなものになっています。
桐生法人会女性部会では、女性経営者から従業員まで、幅広い女性のグループが研修会や視察旅行等を開催し、活発に交流の輪を広げています。
特に地域社会貢献活動においては、女性特有のきめ細かさや優しさが皆さんの好感を得ており、法人会に大きく貢献しています。
ぜひあわせてご入会いただければと思います。
くわしくはこちらをご覧ください。